国土交通省の「新技術推進システム」の認証を受けています。
木製校倉式工法は林野庁測定の暫定歩掛表に掲載されています。
幅広い対応が可能なので、治山・林道、公園・緑地、渓流・護岸へと用途が広がります。
安定計算に基づいた構造体を実現。安定計算表、その他の資料が完備しています。
圧縮加工した部材に加圧注入処理を施し均質で耐久性の高い工業化木材を使用しています。
緑化計画、ビオトーブが行いやすいことも特長です。
環境や人への高レベルの安全性を実現しています。
工期が短くスピーディな施工が可能です。災害復旧工事にも威力を発揮します。