O&Dウッド

O&Dウッドは、株式会社コシイプレザービング(大阪市大鎌弘之社長)が開発した処理木材。木材を圧縮加工したあとに薬液を加圧注入することで、薬液浸透性の改善を図り、均一性に優れ、耐久性能の高い処理木材を生産するもの。従来の方法では十分な感想を行った場合でも2割以上の材に浸潤不良が認められたが、圧縮処理剤では牛材であっても、圧縮後8日程度の天然乾燥を行うことにより均一な薬液の浸潤度を得ることができるとしている。

代理店契約結ぶ

佐々木木材防腐は、O&Dウッド・木製校倉式工法の代理店となっており、土木工事等への提案を図っていきます。いろいろな分野に木材を使おうという機運が高まっている中、信頼性の高い製品でこれにしっかりと答えていかなければなりません。O&Dウッドはそうしたニーズに対応できるものであり、積極的にPRしていきます。弊社は防腐・防蟻月間1000立方メートルの処理能力を有し、薬液もレザックR(AAC)とマイトレック(ACQ)の両方に対応。エコマークの認定のロータリー丸太など間伐材を活用した各種製品開発を進めています。